解体工事業

建物の解体

木造から特殊建物までフレキシブルに対応いたします。

萬路株式会社の解体工事では、木造戸建てからプラントなどの特殊建物まで幅広い建物解体工事を承ります。

解体工事は安全であることを第一に、速やかで近隣へのご迷惑をできるだけ軽減した作業が求められます。当社は、ご依頼いただいたお客様はもちろんのこと、近隣の方にとっても誠実な工事をおこなうことを大切にしています。
解体工事をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

戸建て解体(三重・岐阜・愛知対応)

木造戸建ての解体工事は、東海三県で豊富な実績がある萬路株式会社にお任せください。
個人のお客様で解体工事に慣れているという方は稀です。手順・工期・工事内容・お見積もり内訳のご説明や、お客様ご自身でやる必要のある作業のご案内など、すべてにおいて丁寧な対応を大切にしています。
誠実な工事はもちろん、近隣の方へのご挨拶や日々の片づけなど、真心のこもった解体工事をお約束します。まずはお気軽にご相談ください。

マンション解体(三重・岐阜・愛知対応)

萬路株式会社では、マンションやアパートなど、集合住宅の解体工事も承ります。木造はもちろん、RC造・S造・SRC造と、あらゆる構造の建物の解体工事が可能です。
また、居住スペースのリフォーム・リノベーションのための内装解体も承ります。内装工事の場合、取り壊す壁ひとつで価格が変わります。スケルトン(全て解体した状態)にしてからでは遅いので、解体工事の打ち合わせも今後のプランニングに合わせておこなう必要があります。
柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

部分解体(三重・岐阜・愛知対応)

部分解体とは、建物のリフォームに伴う一部分のみの解体や内装解体、看板の取り壊し、プレハブやテラスの解体、エクステリアの取り払いなどをいいます。
施設内にある老朽化した設備を新しくするためや、使わなくなったスペースを取り壊して有効に活用するためといった目的でご依頼いただくことが多い工事です。
萬路株式会社では、部分解体工事も承ります。ただし、建物の構造上難しいケースもございます。現地確認のうえでご提案いたしますので、まずはご相談ください。

大型解体(全国対応)

大型解体とは、高層マンションやオフィスビル、工場、大型商業施設などの大型建物の解体工事をいいます。
建物によっては敷地が限られた中で工事をしなければいけないケースもありますが階上解体だけでなく、大型重機を用いた地上からの解体など、柔軟なご提案・工事が可能です。また、大型解体の際に問題になりやすいアスベストも、萬路株式会社が適正な方法で撤去・処分しますのでご安心ください。

特殊解体(全国対応)

特殊解体とは、焼却炉やプラントなど、機能性の高い特殊な建物・施設の解体工事をいいます。
特殊解体にあたる工事は、通常の解体で用いる重機・アタッチメントだけではなく、特殊な工法を用います。そのため、安全に完了するためには通常の解体工事よりもより高い技術力が求められます。
萬路株式会社では、自社保有の機材でご依頼にフレキシブルに対応し、安全かつ速やかな特殊解体工事をおこないます。

建物解体の流れ

必要な手続きなどは丁寧にご案内いたしますので、ご安心ください。

  • ご相談

    お電話またはメールフォームにてご相談ください。対象の建物の状態やご予算、解体後のプランニングなどをお伺いし、現地調査日時を決定いたします。

  • 現地調査

    現地訪問し、建物や立地条件、養生範囲やお庭の状態などを確認いたします。建物内に不用品がある場合は、あらかじめスタッフへお伝えください。

  • お見積もり作成

    現地調査をもとにお見積もりを作成し、必要な工事の内容と併せて内訳をご説明します。不明点はお気軽にご質問ください。ご納得いただけたらご成約となります。

  • 役所へ届出

    建物総床面積80m2(25坪)以上の建物は、リサイクル法届出が必要です。必要書類をお送りしますので、案内にそってご記入・ご捺印いただきご返送ください。

  • ライフライン撤去

    電線・水道・ガス・光回線などのライフラインは、お客様ご自身で各社へ連絡し、建物を解体する旨を伝えて事前に撤去・閉栓手続きをお願いします。

  • 近隣へご挨拶

    着工前に近隣の方へご挨拶に伺い、工事内容・期間・万が一の際の連絡先(当社)をご案内します。万が一の際も当社が対応いたしますので、ご安心ください。

  • 着工

    最終打ち合わせの後、着工します。地中埋設物がある場合や工事日の変更がある場合など、随時ご報告・ご説明をしながら進めていきます。

  • 工事完了

    工事が完了したら、お客様お立合いの元ご確認いただき、問題なければ重機を搬出します。近隣の方へご挨拶に伺ってからの竣工となります。